インフォメーション

2016.12.1
この繁忙期だから安全パトロール!!

マルティックス山陽 住宅工事部です。
私どもは主に住宅外壁の施工を手掛けておりますが、住宅に限らず現場は常に危険と隣り合わせ。
先日は東京のとあるゼネコン現場で、足場の防護が不十分だったために痛ましい事故が発生し、
全国ニュースを賑わせました。

マルティックス山陽としても住宅だから…敷地内だから…などと楽観せず、他山の石として気を引き締めなくてはなりません。
以前から弊社では定期的に安全パトロールを実施しています。(繁忙期こそ事故が起こりやすいのです。) 1

 

様々な敷地条件と外形のある住宅建築ですが、安全が第一なのは変わりありません。
危険を予知し、事故を未然に防ぐことがとっても重要。
チェックリストをもとに、現場で継続して欲しい良いところ、直すべきところを確認していきます。
2

 

併せて、現場美化や施工品質のチェックも行い、より良い施工完了に努めます。2013/12/17 16:11
2013/11/19 16:14

安全パトロールで現場確認をした後は、職人さんを集め、周知徹底を図ります。
大切なことはルール化し、共有して改善を行います。5

 

お受けした仕事をきちんと完成させる為にも、社員・職人一丸となって安全管理に取り組んでいます。
安全第一!今日もご安全に!!

住宅工事部 Iより